アルバイトでいろいろなチャレンジを

アルバイトは、自分にどのような仕事が向いているかチャレンジすることができる場でもあると思います。
実際に就職する時に仕事の適性を考えるよりも、アルバイトで体験した方がより向き不向きが判ると思います。
中には、アルバイトでは到底体験出来ないような仕事も有りますが、それでも大まかに接客が向いているのか製造が向いているのか、といったことはわかると
思います。
一か所で長く学生時代の全てを一つのアルバイトをして過ごすのも良いかもしれませんが、色々なアルバイトを体験することも、チャレンジと言う意味では良いと思います。
給料だけにとらわれず、仕事の内容を吟味し自分にとってプラスになると思われる仕事をアルバイトとして選び、自分の糧とするのを目標に学生時代を過ごすのもよいのではないでしょうか。
とかく、社会に出る前の最後のニュートラルの期間であり、ゆっくりと過ごせると捉えられがちな学生生活ですが、このようにアルバイトを経験して、社会に出る準備期間として過ごすのもよいと思います。
4年間なり2年間なりをどのように過ごすのかで、後の自分に経験という物を他の人より多く与えられることが出来れば、社会に出る時には自信を持って臨めます。
それは、就職採用試験の時にさえ現れるかもしれません。
いろいろな世代の多くの人とアルバイトで触れ合うことが出来れば、経験が自信となり余裕を持って採用試験に臨めると思います。
若い内にバイトを通じて仕事を経験することで、将来社会に出る時にその経験が大きな力になってくれるでしょう。